Facebookを中国で使うには

中国ではFacebookやTwitter、LINEなどのサービスが使えないように規制がかかっているそうです。

日本から観光や出張で行った場合にどうなるのか。

これは閲覧端末やネット通信方法によって、使うことが出来たり、規制がかかって使えなかったりするみたいです。

「それはまずい。Facebookを連絡手段としているので、使えないのは困る!」といったときには、以下を用いる手があります。

●VPNサービス

Virtual Private Network経由でFacebookにアクセスする方法です。

無料VPNサービスもありますが、使い勝手やセキュリティーの観点からあまりよろしくないよう。

以下は月額1,080円ですが、サービス開始の翌月末までは無料体験できますので、これがよさそうです。




VPNサービス【セカイVPN】

こういった感じでアクセスします↓

●モバイルwifiルーターレンタル

次のモバイルwifiルーターサービスは、中国でのネット規制に関係なくFacebookやLINEなどのサービスが使えるとうたっています。


通信容量型の海外WiFiレンタルサービス

サービス説明ページには次のように書かれていますよ。

容量型の中国WiFiは、中国政府などのネット検閲にて規制されている、日本を含む海外のWEBサイトやグーグルのgmail、 Google Map、Youtubeなどの関連サービスおよびLINEやFecebookなどのSNSの使用ができますので、ご安心してご利用ください。

タグ

2017年2月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

Facebook アラフォー男性

アラフォー男性のFacebookなどSNSの使い方について、厳しい意見が書かれた記事・データが出ています。

ゆとりがアラフォーにダメだし「SNSがウザすぎる!」
ゆとりがアラフォーにダメだし「SNSがウザすぎる!」

アラフォー世代のSNSでの振る舞いにうんざりしたことがある?
アラフォー世代のSNSでの振る舞いにうんざりしたことがある?

【激白】オッサンのFacebookのここがウザいです!
【激白】オッサンのFacebookのここがウザいです!

率直過ぎる・・・

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

が、自分も見ていてなんとなくわかる面はあります。

投稿が多いのはまだしも、「いいね」をしまくっている人とか・・・

仕事のPR目的というのか、自分ブランディングでSNSを頑張っているという人はわかるのですが、そういうのが感じられないと、「暇なの?」と思ってしまうことがあります。

実際、現場の仕事は部下にやらせる立場となって、暇な時間が出てきて、そのときにSNS活動をしていたりするのかもしれないですけど。

あとは若い世代の女性とつながっていたいというスケベ心というのか、男としてのプライド・魅力を保ちたいといった潜在的な欲求が潜んでいそう。

SNSでそういうのをあからさまに出していってしまうと嫌われかねないので、なるべくリアルで出来るように頑張っていくといいのかも。
(ワイワイと若い世代と楽しく飲んで、嫌われないオジサンでいる)

SNSでは、自分からいいねやコメントをしまくるのではなく、自分の投稿等がたくさんの”いいね”をもらえることを目指すようにするといいのではないかな。

タグ

2014年4月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

Facebook「実は・・・」の使い方

「Facebookの人には言えない使い方」なる興味深い調査結果コラムがありました。

●【iPhone調査隊】約1500人に調査!! 半数以上は経験あり!? Facebookの人には言えない使い方 | iPhone女子部 – 女子部員がiPhoneのアプリ、アクセサリー、裏ワザ情報などを楽しく発信!

http://www.iphonejoshibu.com/tips/94593/

元恋人探し、は自分もやってしまったことがあるな。

登録されていないのか、見つからなかったのですが、それがかえってよかったのかも。

別のSNSでは告白してNGとなった人とまだ繋がっていたりしますが、日記などは見ないようにしています。

いまはブログとかTwitterとか、その人の動向がわかる個人メディアもいろいろとありますが、気にし過ぎると感情が揺さぶられてかえって辛くなるということもあるでしょう。

例えば恋人がいて、その人の日記をチェックしないと「なんで見ないの!」なんて怒られるようなこともあるのかも知れませんが、サバサバしたキャラを装って見ないようにするというのもありなのではないかな。

下手をするとネット中毒のような感じになりかねませんしね。

自分はこれからも、ほどほどの距離を保つ努力をしながら付き合っていこうと思います。
(SNSの話)

タグ

2013年10月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

このページの先頭へ